県央土木総合事務所等移転整備工事

[公共施設 ]

県央土木総合事務所等移転整備工事

県央土木総合事務所が金沢市泉本町から金沢市直江南へ移転するための移転新築工事を施工いたしました。 4階には100人程度が入れる共用会議室を設け、災害時には、道路や河川の現場映像を大型スクリーンに投影し、迅速に情報の共有や対応の協議を行い、県央土木総合事務所と県央農林総合事務所との連携をこれまで以上に強化していくとのことです。 新庁舎の外観は、本館北面を落ち着いた色調のガラス張りとして軽快なイメージを持たせるとともに、別館を含めアースカラーのタイルを使用することで、周辺の景観と調和するように配慮されております。また、エントランスや廊下の天井には県産の杉を使い、落ち着いた雰囲気の内部空間となっております。


正面

正面

南面

正面玄関

エントランス

執務室